スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」

17世紀にピエール・ド・フェルマーが残したこの気まぐれのような一文が

数学の世界で難問中の難問「フェルマーの最終定理」となり以降

3世紀ものあいだ数々の数学者が挑戦し、そのあまりにも難解な問題の前に

崩れ去っていった。

1995年に数学者アンドリュー・ワイルズが証明に成功するまで、数々の数学者が敗れながらも残していった理論やその背景などが描かれています。

ワイルズが証明に至る過程、一度は反証があがり脆くも崩れ去りそうになるが
その小さいながらも決定的な穴を埋め最終的に証明されるその瞬間を読みながら
事の重大さがピンときていないくせにゾクゾクしてしまった。

数学なんて嫌い!

ってな人に(まさに自分がそうです)一度読んでもらいたいです。


続きを読む >>
1