2015.10.28 Wednesday

スポンサーサイト [-]
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • スポンサードリンク
    • -
    • -

    2013.08.24 Saturday

    1Q84 [村上龍]
    0

      評価:
      コメント:1984年。青豆と天吾、2人の入り込んだ1Q84の世界。現実の世界とは何かが違う世界に2人が見出すものがとても輝かしい。

      青豆と天吾。

      出会うべくして出会う間の二人の軌跡を独特の村上春樹ワールドが包んでくるり。
      青豆と天吾の境遇、共通点からお互いに惹かれあう瞬間まで、読んでて目が離せず思わずその教室に自分もいるようなでもやっぱりいないんだけどその二人の距離感がなんかとってもいい。一瞬の接点から20年を経ても褪せないお互いへの想いはとても純粋で初めての時から変わらず続くものとしてそこにあり続けている。会えるかもわからない相手にそこまでの想いを揺らぎなくもつ青豆、天吾を繋ぐきっかけとなる『空気さなぎ』とその物語の語り手ふかえりの語る言葉から気づく現実正解とは違う1Q84の世界。リトルピープルが紡ぐ空気さなぎと空に浮かぶ2つの月。明らかに現実じゃない世界に踏み入れた2人と同時に読むほうも1Q84の世界に入り込む。不可思議でちょっと怖くて非現実感が溢れたそっち側を覗ける面白さと、青豆と天吾の距離が近づくまでの焦燥感がたまらなく震えた。喉をすっきり通るようなすっきりした読み終わりとかでないけど、つづく世界が知りたいと思うのは私だけではないはず。


      2010.10.20 Wednesday

      69 sixty nine (集英社文庫) [村上龍]
      0

        ようやく読み終わった。

        あまりに時間がかかったせいで、内容もすでにうろ覚え。。。すいません。

        でも思春期の時期にこれだけいろんな事をすればこの一冊ができるのかと。

        青春ってカタチは面白いなぁ。

        なんて強引にまとめてまたまたすいません。


        2009.04.25 Saturday

        限りなく透明に近いブルー (講談社文庫) [村上龍]
        0

          タイトルがすでにかっこよすぎ。
          「限りなく透明に近いブルー」


          もともとは違うタイトルだったみたいですが、僕にとってはこのタイトルでよかった。
          しかもこの装丁でなければ即買いしてなかったかも。
          強烈なインパクトのある内容だけど、どこかフワっとしている。
          ドラッグに溺れて明日を見ていない青年リュウに視点を合わせてみようとするけど、
          どこかぼんやりして捉えきれない。

          続きを読む >>

          2009.01.05 Monday

          五分後の世界 (幻冬舎文庫) [村上龍]
          0

            圧倒的すぎる内容です。

            時代背景の設定といい、環境諸々すべての世界観に圧倒されました。

            表現がかなりリアルで、ちょっとした戦闘の場面ですら、
            かなり詳細まで描かれていてところどころで、思わず目をそらしてしまいました。

            思想とか、現代の日本に対するメッセージも含まれた作品のような気がします。

            意識せずに過ごしている、そのことを少し離れて見られると考えようによっては
            とても恐ろしいことなんだと教えてくれているように思えました。

            内容の濃さだけに読み終わったあとの重みが忘れられない作品でした。

            calendar
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << August 2017 >>
            これが欲しいのかな?
            recent comment
            • アイネクライネナハトムジーク
              藍色 (09/23)
            • げっそりとほっそりのおよそ中間点
              藍色 (10/23)
            • ガソリン生活
              藍色 (09/18)
            • 神様のカルテ
              monkeywalk (08/10)
            • 神様のカルテ
              藍色 (08/09)
            • フィギュアスケート、テニス、甲子園などなどスポーツで盛り上がっていつの間にか春がそこにいました。
              monkeywalk (04/04)
            • フィギュアスケート、テニス、甲子園などなどスポーツで盛り上がっていつの間にか春がそこにいました。
              あいあい (04/03)
            • マーライオンって日本にもたまにいるみたいだって気付いた。ってか自分が一瞬マーライオンみたいになった。
              monkeywalk (03/19)
            • マーライオンって日本にもたまにいるみたいだって気付いた。ってか自分が一瞬マーライオンみたいになった。
              あいあい (03/18)
            • 忘れることはできないな そんなことを思っていたんだ
              monkeywalk (09/03)
            UNIQLOCK
            recommend
            ゴールデンスランバー
            ゴールデンスランバー (JUGEMレビュー »)
            伊坂 幸太郎
            「オズワルドにされるぞ!」
            recommend
            オーデュボンの祈り
            オーデュボンの祈り (JUGEMレビュー »)
            伊坂 幸太郎
            忘れられた島。
            未来が見える案山子はその先を、、、
            recommend
            ハウルの動く城 特別収録版 [DVD]
            ハウルの動く城 特別収録版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

            戦争がなくなるといいのに。みんな誰かに必要とされて、必要としてる。
            recommend
            聖☆おにいさん1-6巻 セット (モーニングKC)
            聖☆おにいさん1-6巻 セット (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)

            神様2人が、普通に人間界しかも日本で生活してるなんて!アイデア斬新で内容も思わず笑えます!
            recommend
            categories
            探すなら!
            笑う門には
            selected entries
            links
            MW お気に入り
            search this site.
            profile
            others
            mobile
            qrcode
            sponsored links
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM