スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

パコと魔法の絵本

評価:
関口 尚
コメント:パコが可愛すぎる!

ぼんやりあらすじ=============================

とある病院内。

一癖も二癖もある患者や病院関係者の中でも極めて変わり者の大貫さん。

傲慢で偏屈なじいさんの心を入れ替えたのは、

事故に遭って以来一日の記憶しか持つことが出来なくなった少女“パコ”。

ある日、ちょっとした事で大貫さんがパコの頬を引っ叩いてしまいます。

それ以来、一日の記憶しか持てないはずのパコなのに大貫さんが頬に触れた時、

「おじさん昨日もパコのほっぺ触ったよね?」

その言葉を聞いた大貫さん、パコのために出来る限りのことをしてやろうと周りも巻き込み大奮闘!
=============================

あ、泣いてしまうかも。ラストを読みながらそんなこと思ってました。

前半は結構我慢しながら読んでましたが、

パコと大貫さんが出会う場面以降は先が読みたくて仕方なくなってました。

それにしても可愛すぎるパコ。

偏屈じいさんの心まで変えてしまえる笑顔ってどんなだけ素敵なんでしょうね。

心が安らぐので疲れ気味の人に是非読んでもらいたいです。

1