スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ナラタージュ (角川文庫)

高校時代の逃げたい時期を救ってくれた恩師への想いを捨てきれない泉。

大学2年の春、恩師・葉山先生から演劇部を手伝って欲しいという連絡が…

再び会うことではっきりとする先生への想い。

近づくようで遠く離れる微妙な距離感が何ともいえない。

読み始めはさほど起伏の無い話だと決めつけてしまうところでした。

島本さんの本は初挑戦でしたが、この方の人物描写はかなりリアルです。

今回個人的に特に感じたのは「小野君」でした。

小野君の描写が妙に納得できてしまいます。

落ち着いていて強く見える反面、踏み込んでみると意外と脆さが露呈してしまう。

泉と距離が近づいた分、隠しきれなくなる内面が怖いと思ったのはリアルすぎたからかも。

中盤から終わりにかけてからの物語の起伏が凄かったです。

ショックすぎ。

なんていうか、

恋愛小説ですね。

今更?

1