スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ガソリン生活

評価:
伊坂 幸太郎
コメント:人間の世界は言葉があるし、それなら猫にも犬にも、なんなら車にだって意思ってのがあるぞって面白い世界を物語にできるのが伊坂さん。軽く読めちゃうのがなんともいいです。

JUGEMテーマ:読書

ひょんなタイミングから有名人を車に乗せた後に起こる事件!?

物語の語り部が車なんていうなんともファンタジックな世界観なのにごく普通の世界にも馴染んでる。
車を運転できる歳のお兄ちゃんよりも大人な弟。
自分が大人とも対等に渡り合うことがどういうことかもわかっている聡明な小学生の亨。

「だから、ちゃんと学校では苛められてるから」

さらりと言えてしまうこの亨が家族に降りかかる事件を。。。

とはいえ、主体はあくまで「車」。
なので、物語の主役はあくまで「車」。

『緑のデミオ』なのです。

車の言葉があって、それは自転車とは違う言葉。

車同士でつながる言葉で自転車にはちんぷんかんぷん。

街でみかけたら思わず挨拶してしまいそう。

「やぁ、緑デミオ!調子はどうだい?」って。
 

アイネクライネナハトムジーク

評価:
伊坂 幸太郎
コメント:斉藤和義さんの楽曲のために歌詞を書く代わりに小説を書くことで、出来上がった「アイネクライネナハトムジーク」。歌を先に知っていたので馴染みのあるストーリーのようでしたが、そこでもなお新鮮なのが伊坂作品の真骨頂です。

JUGEMテーマ:読書
 

きっかけなんていくらでもあって、出会いなんてそのへんに溢れてる。

要するに自分の行動次第なんだってこと。

新チャンピオン誕生にも、最近では珍しい街頭アンケートでも、すれ違いざまに拾った財布にも、「出会い」があって、起こるかもしれない物語がこの作品には綴じられています。

久しぶりに読んだ本で、読書から遠ざかってたのにきっかけをくれたのは伊坂幸太郎さんの作品でした。

文体にも相変わらず軽快なリズムがあって、情景も浮かびやすく思わずクスリとくるような会話のやりとり。舞台は相変わらずの仙台で、変わらずに(実際は変化を遂げていらっしゃるのでしょうが)執筆されているこの著者の本がやっぱり好きです。

読むっていいなぁとまた「読む」きっかけになりました。
私はやっぱり伊坂幸太郎さんの作品が好きで、読むとまた読書の虫がうずきだした。

kindlepaperで読みましたが、電子書籍って便利だなって思いました。

バイバイ、ブラックバード

評価:
伊坂 幸太郎
コメント:計算ができないんだ!だからなんだってんだ!

だいぶ好きかも、この一冊。

伊坂ファンだと自覚してますが、これはかなり好きな感じです。

星野と繭美のやりとりに悲壮感がなくどこか飄々としてる風がいい。

自己評価って難しいけど、それを適度にするのってかなり難しいと思う。

過小評価も過大評価も時によって使い分けるってのが普通なのかな?

ただ、5股もかけておきながら一人一人とお別れを言いに回るなんて、

計算ができないっていうか、ただの馬鹿だよ。

でもだから10回チャンスが生まれたってことか。

続きを読む >>

オー!ファーザー

評価:
伊坂 幸太郎
コメント:子供1人に父親4人!?なんだそりゃ!が面白い。

これこれ!

だから伊坂作品がまた読みたくなるって一冊でした。

言葉に笑って、落ち着いて、救われて。

また伊坂ワールドにどっぷりハマってました。

読み終わったあと、なんとなく残る爽快感が心地よいですね。


なんとなくあらすじ-------------

主人公・高校生の由紀夫には父親4人。

同級生の多恵子の絡みに辟易しながら過ごす学校生活。

実際受け入れ辛い状況も生まれたときからってことで受け入れてる。

万引きをとめた友人・鱒二を助けてみたら…そんなことに?

--------------------------------

実際4人も父親いたらもう無茶苦茶だろうな。

でも由紀夫だからかっこよく育っちゃうの。

大人びているけど、やっぱり子供ってとこが最大の魅力か。

悟、勲、鷹、葵みたいにそれぞれの個性で育った由紀夫って、

カッコイイ。

続きを読む >>

あるキング

野球がテーマ?

ある天才がテーマ?

あるキングの物語。

名の通り「王」になることを「求」められる男の一生が主軸になってます。

伝記っぽいようで、時期によっての綴り手が違うんです。

まあ、でもこれほどまでに淡々と読み終われてしまうと逆に

何か見落とした気になってしまいます。。。

もやっと、したまま何か綴るとぼやっとしか伝えられないのが寂しいですね。

ん〜、きっとこれは私の力不足のせいだ。

SOSの猿

「悪魔祓い」

エクソシストってあの映画で女の子がブリッジしてバタバタと駆け巡るホラーの?

と、まあ伊坂作品なのでそこは怖いとかじゃなかったです。

ひきこもりの男の子・眞人のカウンセリングを断れなくなった遠藤二郎が、

イタリアにいた頃、うっかりと学んだ「悪魔祓い」。

「神父」ってファーザーっていうからとかそんな引っ掛けが読んでてちょっと微笑ましかったりします。

前半は物語を掴みづらいと感じたものの、途中からなんでそう感じたのかがわかるのでスッキリ。

今までの伊坂作品とはまた少し読書感が変わってきた気がしますね。

だから嫌だとか、そんなこと全然ないですけど。

今後も楽しみだな。

続きを読む >>

モダンタイムス 特別版 (Morning NOVELS)

全ては検索することで始まる。

「魔王」の続編でもありますこの作品。

かなり長編でした。

続編といっても、この作品のみ読んでも十分に楽しめる内容だと思います。

「勇気はあるか?」

「勇気は実家に忘れてきました」

「見て見ぬふりも勇気だ」

この「勇気」というキーワードにふと手を止めて何度も読み返してました。

勇気って何?

立ち向かうのも勇気。

でも「見て見ぬふりも勇気」なんだ。

「勇気」って忘れてきちゃうもんなんだ。

じゃあ「勇気がある」ってどんな定義なんだ?

とか、いろいろ考えちゃって。

で、いろいろ考えれちゃうってことは

要は「モノの見方は一方からだけじゃない」ってことなんだなって繋がりました。
(これは私の個人的な考えですが…)

「善悪なんて、見る角度次第」って言葉もあるし

きっと「勇気」もそういう角度次第ってことなんじゃないかなって思ったのです。

そして、世界を大きく変えたいという意思も大事なのかもしれないけれど、

自分の周りの小さなことを大事にするのもまた大事。

そんなことを改めて言葉で確認できたのも

「人間は大きな目的のために生きているんじゃない。もっと小さな目的のために生きている」

って登場人物の言葉があったからこそ。

あと人同士が出会えるのもその人同士が生きているからこそってのも、沁みました。

そういう何気ない、それでいて改めて認識しなおすことを大事に過ごさないといけないな、

なんて思えたのでした。

続きを読む >>

マリアビートル

評価:
伊坂 幸太郎
¥ 1,680
Amazonおすすめ度:
只今読了、爽快です。
最高傑作!!!!
おかえり、伊坂節。

文庫化を待てずについつい手にとってしまいました。

だって面白そうだったんですから。

中身は「グラスホッパー」で登場した数々の殺し屋とはまた違う業者さんたちのお話。

「グラスホッパー」ときて「マリアビートル」。

タイトルの響きがいいですね。「マリアビートル」。

ってなことで、また殺し屋さん達が登場します。

またこの殺し屋さんの一人一人がいい味を出し合ってます。

勿論前作「グラスホッパー」を読んでない方でもきっちり楽しめる内容です。
(って宣伝してるみたいだ 笑 )

新幹線の中で起きる「嘘でしょ!!??」の連発にびっくりしたり、笑ったり。

言葉のひとつひとつを読み逃せない緊張感でがっつりはまってました。

終盤になるほど面白くなっていくのはやっぱ伊坂幸太郎さんの作品の醍醐味ですね。

今回は寝起きの悪い伝説の業者がカッコよかったです。

セリフもばっちり決まりまくってました。

続きを読む >>

チルドレン

評価:
伊坂 幸太郎
コメント:陣内さんって最高!
Amazonおすすめ度:
俺たちは奇跡を起こすんだ
こんな人々(犬も含め)周りに居たらいいな
交錯する物語

「バンク」 「チルドレン」 「レトリーバー」 「チルドレン供廖 屮ぅ鵝

の5編からなる短編集で、章によって語り部が違いそれぞれの視点から物語を覗く感じです。

とっくに文庫化されていたものの、何故か読んでなかった伊坂幸太郎作品「チルドレン」。

なんとなく違う気がして(タイトル見ただけで根拠なし)。

ただふと手にして読んでみるとやっぱりですね。

面白い。

伊坂幸太郎さんの作品でも結構好きなランク上位に入るくらい面白い。
(勝手にランク付けしてゴメンナサイ)

毎度作品に出てくる際立ったキャラクターが今回もいます。

その名も「陣内」さん。

「俺たちは奇跡を起こすんだ」なんてむず痒い言葉をさらっと言えちゃうとんでもないお方です。

もうね、むちゃくちゃです。陣内さん。ただ、カッコイイ。なんだよ、もう、ね。

真似できないよ。

読んでると解るんですが作中の登場人物である永瀬に「ずるい!」とか言えちゃったり、

「ひとりひとり違うんだ」ってな感じのこと言ったかと思えば同じ扱いしたり。

「いいんだよ」なんてさらっと言えちゃう陣内さん。

そりゃそうなんだけど、なんか、ね。いいんです、陣内さん。

あ、「チルドレン」のレビューってか「陣内」さんのレビューみたいになっちゃった。

偏りすぎか。でも、ま、いっか。

続きを読む >>

フィッシュストーリー

伊坂幸太郎さんの短編集。

最近で一番読みたくなる作家さんの一人です。

基本文庫化を待つのでこの本が文庫化されてかなり嬉しい一冊。
(ちなみに今まで待ちきれなかったのはコレ!)

この一冊に
「動物園のエンジン」
「サクリファイス」
「フィッシュストーリー」
「ポテチ」と
それぞれ独特の個性が詰まってます。

私的に一番気に入った「フィッシュストーリー」。
あまり知られていないパンクバンドが作った最後のアルバムのある一曲から世界が救われるっていうこの上なく小さなきっかけからの壮大な展開。瀬川さんの「正義」への準備に感服。繋がっていくテンポが伊坂ワールド全開で既に読み返しました。

伊坂幸太郎といえばサブキャラにもストーリーがあるのが楽しみですが、サブキャラが別の物語での主人公だったりとサブキャラというのはどうもしっくりこないあたりが読み続けて楽しい理由の一つだったりします。
今回も「オーデュボンの祈り」「重力ピエロ」などなどのつながりを垣間見ました。

続きを読む >>