スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

まず題名に惹かれて買った久々のミステリー。

実際には推理物とは思ってなかったのですが、
読んでるうちに入り込んでいきます。

終わりに近づくにつれて「?」が増えて
もう「で?」とか「ん?」と謎が深まるばかりでした。

読み終わってから「えぇ!?教えてよ!」と
心の中で叫んでしまった。

やられたなぁ。

以下あらすじ少々
和泉康正の唯一の家族である妹 園子が死んでしまう。
一見自殺にも見える状況に康正は瞬時にいくつもの疑問点に気付き
いち早く妹の自殺に疑いをもつ。

手持ちの証拠を元に単独犯人探しに奔走する兄。

たったひとり康正の本当の目的に気付く刑事 加賀。

容疑者は2人。元恋人と親友。

あらゆる推測から全力で真実を探し出そうとする康正。

少ない証拠から鋭い切り口で真相に近づく刑事 加賀。

この二人のやりとりがとっても面白いです。

さて、犯人はだれなんだ?

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL