スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

涙もろい マイガール

ちょっと前に見た宮川大輔さんとケンドーコバヤシさんのトークで、

大輔さんが涙もろくなっていると話していました。

大輔さんよりは若輩な私ですが、その発言が少しわかる気がします。

もともと根暗なゆえあまり普段はテレビなどは泣いてしまいそうな番組は避けがち。

ですが、たまに見てしまうこともあります。

先ほどテレビ朝日で放送されていました「マイガール(2話目)」。

昔の恋人との間に産まれた娘がある日突然現れるってなお話。

その娘さんがかわいらしいこと。おりこうさんなわけです。

元恋人・陽子(優香さん)は主人公・正宗(相葉雅紀さん)に子供が出来たことを告げずに別れを切り出し、

一人で育てることを決めて去っていきました。

ところがある日元恋人の訃報を知り主人公は会いに行きます。

するとそこには女の子が。。。娘でした。。。主人公そりゃもうびっくり。。。ええ、そりゃもう。

なんやかんやの成り行きで、娘を自分で育てる決心をするのですが、

行く先々で困難にぶち当たり乗り越えるって物語なのです。

自分が書くとやけに無機質に感じますが、、、ええ話なはず。まだ2話終わったとこですが。

その2話目を風呂上りに途中から見ていましたが、、、後半は胸がいっぱいでした。

前までならジ〜ンとくる位で耐えれたのに、最近はだめです。

涙腺ゆるゆる。涙もうるうる。

主人公と娘がお互いに亡くなった陽子の事を泣きながら話し合う約束をする場面、

見事にもらい泣き。

やられたなぁ。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL