スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

クジラの彼 (角川文庫)

評価:
有川 浩
¥ 580
偏愛的作家!
有川世界に浸るための本
自衛隊+べた甘ラブロマのハーモニー

自衛隊ラブコメ!?

三曹?二尉?

日常でそうそう耳にしない階級制度。

国を守るため日々頑張っていらっしゃるであろう人々だってもちろん恋愛するでしょう。

全6篇からなる有川浩さん(男性かと思ってたら女性でした、すいません)の微笑ましくも、

ハニカミも切なさも羨ましさもお話の集まり。

読んでて「いいなぁ〜」なんて呟いてたり。

現実の自分にはない心温まる物語が「恋愛っていいもんなんだねぇ。って思う自分がどうなの?」

とかはさておいて。

小説を読んでるあいだは憧れたりも羨ましくも思えちゃうんです。

個人的には「有能な彼女」、「ファイターパイロットの君」がお気に入りです。

勿論タイトルでもある「クジラの彼」を含む他の話もよかったですけどね。

読んだ人によって違うってのも短編の面白いところでしょ?

せっかく書いてアップのみになったこの本の感想を

自分の失態でうっかり消してしまうことに・・・

時間を置いたら消す前のものとは全く異なった文になってました。

でも言いたいことは結局は一緒です。

手に取ったら読んでみて下さいね。

スポンサーサイト

コメント

monkeywalkさん、こんにちは!
コメントに伺うのが遅くなってすみません。
有川さんの恋愛もの、いつもキュンとさせてくれていいですよね♪
実は私に身近に自衛官がおりまして(*^-^*)
階級やその内情など知っているのでいちいちツボにはまって楽しく読めました。
非常に忠実にリアルに描いているので読み応えも充分でした。
「有能な彼女」、素敵ですよね。
今思い返してもキュンとします(*^-^*)

かりささん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
自衛官が近くにいるっていいですね。
って、この本読んだ内情がよりわかるかもしれないっていう個人的な事情で羨ましくなりました。
読み応えバッチリでしたよね。

  • monkeywalk
  • 2010/10/25 13:36
トラックバック
この記事のトラックバックURL